糖尿病の食事療法

『糖尿病』は、生活習慣病の代表選手のように扱われることが示している通り、『糖尿病』患者の90%以上の人が、生活習慣が原因の『糖尿病』と言われています。原因となった生活習慣には、食生活が大きく関わっているケースがほとんどです。もちろん、ストレスや不規則な生活、運動不足なども大きく関係しているかもしれません。でも、一番最初に見直さなければならないのが食生活です。『糖尿病』になる人の多くは、栄養バランスを無視した外食などで、カロリーや塩分が高く、野菜の少ない食事内容であることが多く見受けられます。また、スイーツやスナック菓子などの糖分と脂肪分、カロリーの高いおやつを頻繁に食べている傾向も高いです。男性では、暴飲暴食の傾向があり、一回の飲酒量が多い、または、一週間に飲酒する日数が多い傾向もあるでしょう。誤解されがちですが、『糖尿病』の食事療法と言っても、極端にまずい食事を強いられたりするわけではありません。栄養バランスの整った食事内容で、一日三食を規則正しく摂取し、必要なカロリーをオーバーしないように注意するというだけのことです。しかし、現代人はたったこれだけのことがなかなか実行できず、生活習慣が乱れることによって『糖尿病』のような生活習慣病を発症してしまうのです。外食がどうしても多くなる現代人には難しい面もありますが、食べ過ぎない、栄養バランスのよい食事を摂る、野菜(特に緑黄色野菜)をできるだけ多く摂取する、甘いものや脂肪分の多い食事は控える、塩分控えめの食事を心がけるようにしましょう。看護師求人サイトで夜勤無しはありますか?

糖尿病の種類

『糖尿病』といえば、成人病の代名詞のように言われ、『糖尿病』と聞けば、生活習慣に問題がある、暴飲暴食の傾向がある、肥満という図式を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?確かに、日本国内の『糖尿病』患者の多くはそれらに当てはまっている人が多いのですが、実は『糖尿病』にはいくつかの種類があり、その中には決して上記が当てはまらないような『糖尿病』患者もいるのです。では、『糖尿病』にはどんな種類があるのでしょう?まず、『糖尿病』は大きく分けて二つの種類があります。
●1型『糖尿病』
体内でブドウ糖を分解するインスリンが、元々体内にない(またはほとんどない)ために、ブドウ糖が過剰に血液中に流れてしまい、尿にも糖が出るという『糖尿病』です。インスリンは膵臓で作られるのですが、遺伝的要因やウィルス感染などによって、インスリンの製造ができない(またはほとんどできない)ために、食物から摂取したブドウ糖を分解できません。つまり、どんなに食べても栄養補給ができない状態ですから、肥満よりむしろ痩せている人が多いのが特徴です。
●2型『糖尿病』
1型が糖分を分解するインスリン不足によって、血液中に糖分が過剰に余ってしまうのに対して、2型『糖尿病』こそが、「成人病の代表」「生活習慣病の代名詞」と呼ばれているタイプの『糖尿病』です。その要因の一つが、インスリンの分解量に対して、分解しきれないほどの糖分摂取にあり、暴飲暴食・運動不足・ストレスなど生活習慣が大きく関わっていると言われています。背中ニキビや背中ニキビ跡をどうすればいい

糖尿病の薬物療法

日本人の『糖尿病』患者のほとんどは、生活習慣が原因で発症していますから、病院では食事療法や運動療法などを含め、様々な生活改善を求められます。それと同時に、進行状態によっては薬物療法も行われることになります。では、薬物療法はどんな風に行われるのでしょうか。『糖尿病』の薬物療法は、大きく分けて二種類あります。その一つは飲み薬、いわゆる内服薬です。そして、もう一つはインスリン注射です。インスリン注射は、基本的にインスリンの分泌がない体質の1型『糖尿病』患者に行われる療法で、膵臓でインスリンを製造できない人の薬です。まれに、2型『糖尿病』でも膵臓を休ませて機能を高めるため、一時的にインスリン注射を行うという治療法がないわけではありません。でも、一般的には2型『糖尿病』患者には血糖値を下げる内服薬が処方されます。内服薬にもいくつかの種類があり、症状によって使い分けられます。
・膵臓からのインスリン分泌を促すSU剤
・糖の製造を抑制し、糖の利用促進で血糖値を下げるBG剤
・インスリンの作用を高めるインスリン抵抗性改善剤
・糖の分解やブドウ糖の吸収を遅らせることで急激な血糖値の上昇を抑えるα-グルコシダーゼ阻害薬
・即効的に膵臓からのインスリン分泌を促すけれど、短時間しか効果のない速効型インスリン分泌促進薬
などが『糖尿病』の薬物療法に使われる代表的な薬です。ただ、これらの薬はあくまでも補助的なものですから、生活改善を徹底させることが『糖尿病』の治療には必要になります。美甘麗茶(ダイエットティー)が大人気!

糖尿病の症状

日本人の『糖尿病』患者のほとんどは、生活習慣が原因で発症しているタイプの『糖尿病』です。その割合は、何と『糖尿病』患者全体の95%とも言われています。このタイプの『糖尿病』では、自覚症状があまりないため、気づきにくいというのが特徴です。大きな自覚症状が出たときには、既にかなり進行していたり、生命の危険がある合併症を発症しているケースも少なくありません。ですが、全く何も症状がないというわけではありませんから、小さな変化でも見逃さずに『糖尿病』を疑い、健康診断を受けることをオススメします。なぜなら、日本人の大半は、生活習慣に乱れが生じており、老若男女誰でも『糖尿病』の可能性があるからです。では、具体的にどんな兆候が見られるでしょう?よく言われているのは、喉の渇きです。特に運動しているわけでもないのに、以前より喉が乾くようになった。無意識に水分摂取量が増えていた。そのためにトイレに行く回数が増えたり、一回の尿の量が増えたり・・・。これらは全て、血液中の糖分が増えるために起こる症状です。また、糖分をエネルギーに変換することができなくなるために疲れやすくなったり、だるさが取れなかったり、持久力が落ちたりします。同じ理由から、立ちくらみなどの症状を訴える方もいるのです。そして、今まで通り食べているのに体重が落ちるというケースもあります。症状が進んでくると、目が霞んだり、手足のしびれを感じることもあり、女性の場合は月経異常、男性の場合はインポテンツといった症状が現れることもあるでしょう。乳首、乳輪の黒ずみでお悩みならホスピピュアで決まり!